子供に不動産を移す方法(事業承継ノウハウ)

不動産は、いつか自分の子供等に相続させる時が来ます。

生前に売却をしたとしても、そこで得た現金が相続資産の対象になります。

いづれにしても、将来に多額の相続税がかかることが確実な人は、何らかの対策を行っておきたいですよね。

何千万円もの税金が抑制できるケースもありますので、無対策では必ず後悔することになります。

この機会に、軽く全体像を掴んでおきましょう!

 

不動産を子供に渡す方法

不動産を子供に渡す方法として、代表的な手段をご紹介しておきたいと思います。

主に以下の4つの方法となり、それぞれの方法に別々の対策が存在します。

 

1.生前贈与する

贈与税を払い、あえて生前に受け渡す方法です。

その他、相続時精算課税制度を利用して受け渡す方法もあります。

この方法を選択できるのは、その不動産が収益を増やし続けることにより、将来の相続税が著しく高額になる事が確実な場合です。

万が一、相続時までに資産が激減するようなことがあれば、贈与税を払ったことを後悔する事になる可能性もありますので、専門家のチェックを受けた上で実行すべき対策です。

 

2.相続資金を渡す

相続人が相続税を払って普通に受け渡す方法です。

この場合、相続税を払えるだけの資金を準備しておくことが必要になり、そのための対策が必要になることが多いです。

 

3.親族間売買

不動産が収益を生むような場合、子供に売却することで相続資産の増加を抑制できます。

但し、現金で売買する場合、被相続人の現金資産が増加しますので、別の対策と組み合わせて行うのが一般的です。

 

4.法人で所有する

不動産を法人に移転させ、事業継承という形で渡す方法です。

対象不動産が個人の相続資産から外れますが、法人側の資産となります。

この為、法人を相続する事業継承者への対策が必要になります。

事業継承ノウハウは、資産状況等によって複雑に枝分かれしますので、必ず専門家に相談しましょう。

 

事業承継が最も複雑

資産価値が大きい不動産の場合、法人を設立して所有権を移すのが最善策となる事が多いです。

将来に大きな税金がかかることを知らず、何も対策をしていないごオーナー様もおられます。

 

手続等は少々複雑になりますが、法人になる効果を上手く活かせれば、大きな節税になります。

合法的に経費として認められる項目を使い、できる限り資産を圧縮していくわけです。

 

手続の手順と注意点

法人の事業承継では、株価の算出と資産推移の把握が必要になります。

その他、議事録の作成、保険商品の選別、法人税や経費を踏まえた移転タイミング等、専門家のサポートが必須となるものです。

このような煩雑な業務であることを理由に、高額な費用をとる相談先もあります。

当サイトのサービスをご利用いただけば、ほとんど費用を発生させずに事業承継の手続が可能です。

お気軽にご予約ください。

関連記事

  1. 相続申告前に不動産を売却する際の注意点

  2. 土地の無償返還に関する届出書とは?

  3. 生産緑地の解除に関する法律

  4. 農地や山林の処分に困っている人へ

  5. 不動産価格が道路付けで変わる理由

  6. 生産緑地は準備次第で最悪の結果になる

  7. 相続不動産の売却を入札にするメリットとは?

  8. 家賃保証(サブリース)の適正料金とは?

カテゴリー

PAGE TOP