相続税を払うために銀行借入をする人達

土地等の資産を多く持つ地主さんの場合、相続税が億単位で発生することもあります。

ここまで大きな話ではなくても、数千万円単位の相続税が発生するケースはそれほど珍しくありません。

相続税を支払うためだけの目的で、銀行等から借入をする人も少なくないのです。

結局のところ、この借入を返済するためには将来に不動産を売却することになることが多いです。

要するに、このような多額の相続税が発生する案件では、事前の不動産対策が重要になります。

今回は、無駄な借入をせず、相続税を削減しておくための方法等について簡単にご紹介しておきたいと思います。

 

なぜ銀行から借入れるのか

相続税が多額になる人というのは、往々にして不動産資産が多く、現金が少ないという状況にあります。

正しく相続対策を行っていない人達は、その時になって多額の相続税がかかることを知ります。

 

払えと言われても、そのための現金はありませんから、「土地を売却する」という事になります。

相続手続きの期間内に売却が出来ない場合や、取り急ぎ相続税を納めて手続きを終わらせたい事情がある場合等は、一時的に銀行から借入をし、相続税の支払いに充てることになります。

 

不動産を担保にすれば良いので、借入自体は問題なくできることが多いですが、金利や手数料をとられますから、非常に無駄な動きです。

このような事態になってしまわないように、事前に対策を講じておく必要があるわけです。

 

どんな準備をすればいい?

どんな準備をしておくのがベストなのかという疑問については、各ご家庭の不動産種類等によって多少枝分かれします。

共通して言えることは、「早めの売却」又は「評価を下げる対策」を行うことです。

 

不動産業コンサルタントや、税理士等に聞けば、同じことを言われると思いますが、ここで注意して欲しい事があります。

それは、『どこに売却を依頼するかによって価格が大きく変わる』という事と、『評価の下げ方にも様々なノウハウがある』という事です。

 

どこに頼めばいい?

不動産売却を依頼するなら、最も高く売却できる相手に任せるのがベストですよね?

ですから、どこの不動産屋でもいいというわけではありませんし、大手だからといって高く売れるわけでもありません。

 

結論から言えば、大手建築会社で仕入経験がある人物等に依頼することができれば、最も高く売ることが叶います。

各営業所の在庫状況や、部署ごとの状況等によって、同じ会社内でもそれなりに買取価格が違うからです。

 

この辺りの事情を外部の業者が把握することはできませんので、街の仲介業者では実現できない売却価格となるケースがあるのです。

ですから、過去に仕入経験がある人物に任せることで、市場で最も高額で買い取れる相手を見つけることができます

 

不動産評価を下げるための対策についても、色々とやり方があります。

普通の税理士が知らない、合法的な方法等も存在する為、こちらも相続に強い専門家に依頼する必要があります。

 

ADVICE YOUでは、このような各方面の専門家を集め、チームにしています。

私達が窓口となり、最善の対策を低コストで実現できますので、東京周辺の相続対策は、ADVICE YOUへご相談ください。

関連記事

  1. サラリーマンでも遺言が必要になる理由とは?

  2. 相続での困り事って、どんなことが起こるの?

  3. 一人っ子で相続対策が必要になるケースとは?

  4. タンス預金は税務署にみつからない?

  5. はじめての相続で注意してほしい5つの事

  6. 2021年の相続税対策リスク

  7. 認知症になる前にやっておくべき事

  8. 相続税対策での不動産購入にコロナ注意報

カテゴリー

PAGE TOP