税理士を嫌う人達のニーズに応えたサービス

私のクライアントには、「税理士が嫌いなんだ」と仰る方が割と多くいらっしゃいます。

既存顧客の多くは、士業に頼らなかった人達です。

そして、税理士に頼らない理由には、共通点があります。

 

ADVICE YOUは、このようなお気持ちの方々に最適のようです。

それぞれのクライアントが、少しずつ自分のペースで相続対策を始めておられます。

 

元々、出来る事は自分でやっているというタイプの方達なのですが、「相続税対策だけはまだ手をつけていないんだよね・・」と言う人が多いのです。

 

このように、「税理士が苦手」とか「お堅いのが嫌い」と仰る方の場合、これまでに相続の対策を全くしたことがないというケースも珍しくありません。

 

ADVICEYOUの相続サポートは、杓子定規で融通の利かない提案はしません。

クライアントのタイミングで進めていくことができるよう、選択肢を提示し、ご自身で選んでいただくようにしております。

 

世間話をしながら、楽しく進めていくイメージです。

その他、各分野の窓口として機能することができる為、相続以外の個人的なお悩みにも幅広く対応しています。

 

税理士の共通イメージ

税理士が嫌いだと仰る方々のお話を聞いていると、以下のようなイメージを持たれていました。

  • 理屈っぽい
  • 堅苦しくてつまらない
  • 機械的で融通が利かない
  • 料金が高い
  • 役に立たない

 

社会に出てみると、良い大学を出ていてもあまり仕事ができない(パッとしない)人がいますよね。

ビジネスシーンでは様々な能力が必要になる為、記憶力が良いだけでは通用しないという事だと思います。

 

このような実情は、社会活動の面白さでもありますし、学歴に関係なくチャンスがあるという事だと思います。

そして、これと似た状況が、税理士とクライアントの間にもあるわけです。

 

つまり、簡単に言えば、融通の利かないガリ勉タイプが苦手!という人が多いということなのかもしれませんね。

 

楽しく打ち合わせをしたいというニーズ

相続のコンサルティング業務は、融通性を求めるクライアントが多いので、一般的な税理士では役不足と感じるのかもしれません。

おそらく、顧客側が税理士に求めているのは、「普通の会話感覚を持っている人」であり、尚且つ「的確なアドバイスをしてくれる人」という人物像なのだと思います。

 

相続対策では、打ち合わせ等をする時間も膨大です。

この為、担当者が「話をしていて退屈な人」というのも苦痛になってきそうですよね。

 

このように、『税理士にはあまりいないタイプ』を求められる場合、なかなか丁度良い人に巡り合えないという事情があります。

 

ADVICE YOUは、窓口となる担当者が税理士ではありませんので、適度な関係性で気分よく相談できるのではないでしょうか。

まとめ

豊富な知識があっても、そのご家庭の資産状況に合ったプランを考案する応用力や、コミュニケーション能力がなければ、誰にでもできる機械(ロボット)的な仕事になってしまいます。

融通の利く相手に、フランクな形で相談したいという方は、お気軽に相談メールをいただければと思います。

きっと、「もっと早く聞いておけばよかったよ!」と感じていただけると思います。

関連記事

  1. 介護認定を受けた後にやるべき事

  2. 終活(相続対策)に時間がかかる理由

  3. 税理士に相談して失敗した人達とは?

  4. 相続対策で税理士を変える時の注意点

  5. 遺産相続の相談先に依頼すべき事

  6. 司法書士の選び方と、相続対策での役割

  7. 究極の相続コンサルは、顧客を増やさない事

  8. ADVICE YOUの不動産コンサルティング対策

カテゴリー

PAGE TOP